デパートの特設ブースで売られているウォーターサーバーは買ってはいけません。理由はイオンなど販売店の売れ残りが処分されている可能性が高いからで、特設ブースで売られているのは訳ありのものと考えていいでしょう。

デパート

デパートの特設ブースで売られているウォーターサーバーをよく見かけるかもしれませんが、そのような所でウォーターサーバーを買うのは良くありません。理由はデパート側の意図が明確にあるからです。それは利用者の事を考えているのではなく、あくまでデパート側やイオンやヤマダ電機等の売り手の意図です。つまり、訳あり商品なのでほとんどの場合においてそれが消費者が求めているものとは違う、若しくはもっと良いものがあるのにそれを買えなかったと後悔をすることになる事が多くなるでしょう。ウォーターサーバーはしっかりと比較検討して、自分が求めるものを明確にした上で買う事が必要になるといってもいいでしょう。ウォーターサーバーはデパートなどの特設ブースのような所で言われるがままに買っても良い契約が出来る事はまずありません。

特設ブース訳あり商品を処分することが多い

基本的にデパートの特設ブースでは訳あり商品を処分するために設営されることが多いといえます。そこで何とか売り切って在庫処分をしたりしたいという販売側の意図がそこにあるのです。ウォーターサーバーで肝心な事はデパートなどの販売側の意図ではなく、購入側の意図です。ですから、購入する側の意図が全くここには入っていないという事が一番の問題点です。販売側の都合によって売られるものが購入側の希望に合うものである可能性は極めて低いということがいえるでしょう。

ヤマダ電機イオンやヤマダ電機のような量販店やデパートはよくこうした特設ブースを作った販売をしていますが、それらから本当に良いものが売られているとは限らないわけですから、自分でしっかりと吟味をしてウォーターサーバーは選ぶ必要があるという事になります。

特設ブースの良くないところは、大人数で囲まれるようにして説得されるようになることです。場合によっては一人を数人で囲むような形になるのでプレッシャーをかけながらの販売になることです。こうなると、なかなかお客さんは逃げことが出来ません。説明を聞けば聞くほど商品をかわなければならないような気持になってくるので、このような状況下で冷静な判断をすることなど出来るはずがないと考えておくべきです。デパートなどが特設ブースを作る意味の一つには、お客さんを隔離するという意味もあるわけです。他のお客さんとは関係ない世界になり、そこだけ別世界のようなものになるので、お客はそこから逃げることが出来ないようになります。特設ブースの説明を聞くと分かりますが、最初は一人から説明を聞いていただけなのに、次々に人が集まってくる事に気づくはずです。当然説明している人は一人ですが、その他の人を他の人たちからお客を引き離すという役目を持って集まってきているのです。それと同時にプレッシャーもかけていき、自分たちの意図を押し通すという事をするようになります。お客は自分の見方が少ないというが分かると当然押し切られやすくなりますから、これを狙って特設ブースというものは作られていると考えるべきでしょう。目立ってお客さんに来てもらうためという事もありますが、来たお客さんを別世界に連れて行って逃がさないようにするという役目もあるという事を知っておく必要があります。それぐらいにここで売られている商品には販売したい理由があるという事になります。

理由はさまざま考えられますが、在庫処分であったり、メーカーからのノルマは圧力など実に多くの理由があるわけです。販売店ごとにノルマが設定されるような事もあるわけで、こうしたノルマの達成の為というような事も考えられます。つまり、消費者目線でも何でもなく売り手目線で作られているわけですから、当然そこにいけば売り手の強引な販売手法につかまることになるわけです。ここでいい商品が買えない理由も分かるでしょう。

ウォーターサーバーの特設ブースが良くある理由

何故ウォーターサーバーは特設ブースまで作って売られているのかというと、単に販売店だけの利益となるだけではなく、メーカーから水の業者までさまざまな業者の考えがそこに絡んでくるので、特設ブースを設置してでも売りたい商品となるというわけです。何しろ宅配システムとセットになっているので、ここで契約をしてもらうことが出来ると長期的に安定した収益を水の販売会社や宅配会社にもたらすことになります。当然ここに関わる会社としては、なんとしてもイオンやヤマダ電機などの量販店やデパートでたくさん売って欲しい商品という事になります。となれば、そこにさまざまな力が加わるのも当然という事になるでしょう。単に単品の商品を販売して利益を得るだけではなく、水の宅配システムという長期的な収入源を契約という形で勝ち取ることが出来るのが、このウォーターサーバーの販売にかかっているわけです。

ウォーターサーバーの特設ブースがある理由メーカーにとって長期的に安定して買ってくれる消費者ほどありがたい存在はありません。水は毎日飲むもので、必ず無くなれば買ってくれるわけですから、これを契約してくれることがいかにありがたい事なのかということが分かります。水を販売している業者は多々あるわけで、そのような中で自分の会社をずっと選んでくれますというような事を契約で宣言してくれるような消費者は、それこそ神のような存在だといっても過言ではありません。ビジネスにおいてこれほど美味しい話はないといっていいぐらいの契約がこのウォーターサーバーの契約では獲得できるようになります。ですから、特設ブースを設置して是非ともうちの水をという事になるわけです。

その時に設置されるブースは当然、業者の意図によって設置されることになります。家電量販店は最も安い、若しくは最も質の高いサービスの業者のブースを考えるという事はしません。ですから、設置されるブースはほとんどの場合において、比較すればもっと良いものがあったというようなサービスをしているところのものが多いと考えてもいいでしょう。普通に販売していてもなかなか契約がとれないので、デパートなどでは特設ブースを設置して無理やり契約をしてもらおうとしていると考えるとわかりやすいはずです。それぐらいしないとなかなか契約を取ることが出来ない事になっていると分かれば、この内容が最高のサービスになっている可能性が低いことが分かるはずです。

そもそも、デパートやイオンやヤマダ電機などの家電量販店はお客さんの意向で買ってもらうというのではなく、業者が持ってくる使用品を売るという姿勢だということを知っておく必要があります。こんな商品が欲しいから取り寄せてくださいというお客さんの声によって商品を置いているのではなく、メーカーからこうした商品を置いてくださいという意向を考えて置いているという事を忘れないようにしましょう。

特設ブースでは冷静な判断は出来ない

基本的にデパート等での特設ブースのような閉鎖された空間でまともな判断が出来る事はないといってもいいでしょう。何しろ情報量が少なすぎます。そこで得られる情報は全て販売員の説明のみとなります。全ての質問は販売員が受け応えするわけですから、当然と思うかもしれませんが、販売員は既に大きなフィルターがかかった状態で説明をするようになっています。このフィルターはメーカーからのプレッシャーである場合もありますし、デパートや販売店のノルマである場合もあります。販売員の個人の考え方という事もあるかもしれません。そのような状態で説明をされているだけでは、まず一方向の情報しか獲得できないという事になるでしょう。

特設ブースでは冷静な判断は出来ない例えばこういうことになるはずです、他社はどうでしょうと質問すると似たようなものですが、これが最も経済的と思われます。というような反応になる事が多いでしょう。特設ブースの販売員はそこの商品を売る事を使命としてそこに居るわけですから、他の商品について説明もしなければ、すすめることもありません。その商品を売る事だけに権限が特化しているので他の商品との比較などは説明することも出来ないのです。してしまうと、その商品が売れなくなってしまいますから、それでは本末転倒になってしまいます。デパートなどの特設ブースの販売員はその商品に特化しているという事で、既に大きなフィルターが欠けられていて、本人の意思ではどうにもならない圧力の下で販売をしているという事になります。

普通のデパートなどの販売員であれば、お店の中のどの商品が売れても自分の実績となるので、基本的にはどこの商品の説明も出来るようになっています。その中で自分の意見を述べるという事も出来るでしょう。別にどの商品を買ってもらっても自分の評価になりますし、それが仕事ですから当然と言えば当然の事です。ですが、デパートの特設ブースの販売員はその商品に特化していることによって大きなプレッシャーがかけられていると考えていいでしょう。これはデパートであってもイオンやヤマダ電機などでも同様です。

そうした偏った情報だけをデパートなどの販売員から説明されて、それで一番自分に合った良い商品が買えるという事はまずありません。数あるウォーターサーバーの中でもわずか一つ、若しくは一つの業者のセットに限定されて、それしか説明できない状態で、お客さんに最適の情報を出していくなど到底できることではありません。そのため、特設ブースではお客さんを囲い込んで逃がさないようにして売れるまで説得を続けるというビックリするような販売方法がとられるわけです。ウォーターサーバーはそれだけのメリットが業者にはあるので、こうしたブースを作ってどんどんと販売をしていく事を考えているわけです。デパートやイオンやヤマダ電機のようなところは広い空間もあるので、ウォーターサーバーのブースを作りやすいという事もあるかもしれません。

ウォーターサーバーの比較検討は時間をかけてすべし

ウォーターサーバーの検討は時間をかけてすべきです。決してデパートの一角で一瞬の説明で契約していいようなことではありません。理由は簡単で長期的にかなりの支出となるからです。今はネットがありますから、ネットでウォーターサーバーの比較サイトなどを利用して検討しいていくといいでしょう。自分がどういうものが欲しいのかもそうした比較サイトを見て、さまざまなモノを検討していくなかで、これがいいかなという事が分かるようになってきます。

ネットで比較検討しましょう!さまざまなウォーターサーバーのセットがあるという事は、それだけ多くの業者にとってこのビジネスは魅力があるという事を示しています。ウォーターサーバーの原料である水は業者にとって簡単に手に入ります。日本ではただで水が飲めるぐらいに水が豊富なのですから、ウォーターサーバーのビジネスは業者にとってはまさに宝の山を掘り当てたようなビジネスになるという事です。

一度ウォーターサーバーを設置すると間違いなく、水を利用してくれるわけですから、必ず水の受注をもらう事が出来ます。水はタダ同然で手に入って、長期的に安定して収入が得られるというビックリビジネスがこのウォーターサーバービジネスの特徴でもあります。

水をろ過したりして綺麗にしたりする処理はしていますが、基本的にタダ同然の水を手に入れて販売しているわけですから、このウォーターサーバービジネスは昔では考えられなかった驚きのビジネスといってもいいでしょう。それを可能にしているのが、このデパートや家電量販店での契約にかかっているわけです。業者がこれに必死になるのも分かる気がします。

だからこそ今は多くの業者があって、多種多様なサービスが登場していますので、ウォーターサーバーを選ぶときにはネットを利用して、十分に各社のサービスを比較検討して、自分に合ったもの、必要なものを選ぶようにすることが大切です。それは一瞬で出来るような事ではありません。デパートの片隅で10分程度の説明で理解して契約をしていいような事ではないわけです。水は自分の体を作る最も大きな要素となるものですし、長期的な契約はかなりの出費を伴うものとなることを十分に考えて、そして決める必要がある事だといってもいいでしょう。

デパートなどの特設ブースでは、分割で払うので高くはないという説明を受けることになるでしょうが、間違いなく長期的な支出の要因となるわけですから、これを決めるにあたっては十分すぎるほどに調べて決めることが大切になります。

そのようなことはまず、デパートの一角では出来ることはないでしょう。ウォーターサーバー一つで、家電量販店からデパートからメーカーからとさまざまな業者の権益が乱れ飛んでいることを考えても、この市場がいかに大きなものとなっているのかが分かります。それを負担しているのは紛れもなく、ウォーターサーバーを利用している消費者です。このことを忘れないようにしましょう。

ピックアップ記事一覧

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。